お得!かんたん!ふるさと納税(3)

2015年11月12日(木)7:34 午前

IAU税理士法人の計良です。

前々回の『お得!かんたん!ふるさと納税(1)』では
おおまかな手続きの流れについて説明しました。

今回は、より詳しく説明していきます。

●便利なサイトをご紹介

色々なサイトがあり、
各市区町村のサイトに行って
選ぶと結構な手間がかかります。

そこで私のおすすめサイトは、
下記URLの「ふるさとチョイス」です。
http://www.furusato-tax.jp/

このサイトでは、
寄付金額や品物の種類、
クレジットカード決済可能かどうか、
贈答品対応かどうか、
昔住んでいた自治体に寄付したい
等の希望に対して細かく対応していて
控除額の上限についても細かく試算できます。

利用者が希望する事項に
チェックマークを入れると、
絞り込んで表示してくれますので便利です。

●会員登録が便利

また、無料会員登録をすれば、
寄付するたびに個人情報を
入力する必要がなくなるため、
複数の市区町村に「ふるさとチョイス」から
寄付する場合は、入力の手間も省けます。

商品が決まりましたら、
赤く大きめに表示されている
「寄付を申し込む」を押します。

そうすると、「ふるさと寄附」申込みフォームの
ページに進みます。

次のページで、寄付される方の情報等を入力し、
希望する御礼品や寄付の方法などを決めます。

●ワンストップ特例サービス

同じページには「確定申告不要のワンストップ
特例サービスをご希望の方は下記のボックスに
チェックを入れ、必要事項を入力してください
とありますので、希望する方はチェックして下さい。

なお、ワンストップ特例サービスは、
後日、申請書を送付してくる自治体と、
インターネットで申請できる自治体がありますので、
注意してください。

このページを一通り入力終わりましたら
一番下にある「確認する」を押して内容を確認し
後はサイトから表示される指示に従えば
ふるさと納税の申請は終了です。

ワンストップ特例サービス希望をされない、
または適用外の方は、
後日、寄付をした自治体から届く証明書をもとに
確定申告を行うこととなります。

もしも、ワンストップ特例サービスの
申し込みを忘れていたらどうなるか・・・?

その時は、確定申告をすれば
大丈夫ですので、ご安心ください。

お得でかんたんにできる『ふるさと納税』、
ぜひ上手に活用してみてくださいね!

(計良)



«   |   »

  |